サカイ引越センター 午後便

午後便ってどうよ?

 

 

近距離の引越しで荷物も少ないので料金も安くしてほしい場合ってありますよね。

 

それで今回の引越しでは午後便にしようという話になってきました。

 

ただ、午後便は、引越し料金は安くなるのですがデメリットもあります。

 

引越しの開始時間が遅れる可能性というデメリットです。

 

もちろん、全部が全部そんなに遅れるものではないですけど。

 

ただ、午後便といえども早めの時間の引越しをしたい方は辞めた方がよいかもです。

 

イライラする場合があるからです。

 

午後便という言い方はそもそも誤解を受けるサービス名です。

 

誰でもが午後便と聞けば13:00から来てくれると誤解しますね。

 

実際は午後便は他の引越しの完了後に行われる、その日の2番目の引越しの事なのです。

 

それなりに小さな引越しが午前中に行われるのですが、ちょっとしたトラブルで時間が大きく延長する可能性があるのが引越です。

 

午前中の引越しが終わらないと午後便は一定の時間から始めることができないのです。

 

その為に時間がずれ込み訪問時間が遅れる問題に発生する可能性があります。

 

ですから午後便にするということは、そのあたりの覚悟ができていない方は辞めた方が無難です。

 

もし予定よりも大幅に遅れて、夜から引越しが始まるとしても、「こんなに遅くから引越し業者さんも大変ですね。」 と、引越し業者さんへの気づかいができるくらいの余裕がある人にはおススメです。

 

サカイ引越センターの料金も安くなる引越し価格ガイドの利用(無料です。)

 

午後便は午後から初めてもその日に引越しが終わるということで近距離の引越しなどが多いです。

 

どちらかというと時間がかからない引越しなどの方が向いていますね。

 

こういった小さな引越しの場合はどの引越し業者さんも好みます。理由は自由度が高いから午後便など、効率よく仕事を終わらせることができるからです。

 

それ故に料金を安くすることもできますし、スタッフの生産性をあげることができますので、いろいろな方法で依頼を受けることができます。

 

午後便、フリー便という商品もそういった背景で生まれています。

 

つまり引越し屋さんに相談してみるといろいろな要因で料金が安くなったりしますので積極的に引越し屋さんに相談してみることをおススメします。

 

そんな相談にピッタリなのが引越価格ガイドです。

 

午後便という前提の前に引越し価格ガイドで相談されてはいかがでしょうか?

 


サカイ引越センターとアート引越、アリさんマークを比較する>>>

 

 

 

<午後便は何故安くできるのか?>

 

1日単位の引越しの人件費は午前便の依頼者が負担するのが引越し業界の慣例になっています。

 

つまりドライバーや作業スタッフの人件費は午前便の依頼主が負担になります。

 

それで、午後便は人件費が少なくなり経費自体が安く済むのです。

 

引越し業者としてもできるだけ、売上げを上げたいと考えます。

 

会社の経営的にも、社員をフルに働かせることができます。

 

午後便は利益率が高いです。